戯言日記

バックナンバー

[先月] [目次] [来月] [最新版] [トップ]

2005年8月1日(月) 

カミさんの出産まで……予定日は8日だから、あと一週間きってるんですよね。
でも、まだ何のお印も無いのだとか。
ん〜〜、経産婦だし、もう少し早まるかと思ってたんですが。わかんないもんですねぇ。
ま、長男の時のように「トイレに行きたくなったので、行ったら出血してて、あわてて病院に行ったらものの1時間ぐらいで生まれてしまった」
……なんてのは勘弁していただきたいですけど(笑)

ちなみに、出産日に間に合うかどうかはわかんないですが……今、こんなものを描いてます。



今さっき、30分ほどで書き殴った落書きですが、まぁ……こんなもんでしょう。
要は仕上げだ!! って感じで(笑)
……ってか、こうしてフライング公開してて、イキナリ出産……みたいな事になったら、格好つかんなぁ(^^;

2005年8月2日(火) 

うあっ!! 線画トレスに夢中になってたら、こんな時間になっちまったいっ!!
……ちなみに午前1時半です。もう、良い子でなくても寝てないと、明日の仕事に影響が出る時間です。
むぅ……もうちょっと若い頃は、3時4時は当たり前だったのにな。年は取りたくないもんだ。

さて、最近はもう出産ネタしか出て来ないですね(^^;

今日、妻は産婦人科に検診に行ってきました。
経産婦で、予定日まであと一週間きってるのに、まだ「下りて来てない」そうなんです。
子宮口の拡大はもう始まってるのになぁ。
それどころか、予定日よりも遅くなる可能性も出てきたようです。
そうなると、陣痛促進剤を使うなど、半ば強引に生まされるような手段を取らされる事もあるのだとか。
むぅ……なるべく自然のままに出産して欲しいものだが。
ともあれ、まだ暫くは生まれてこないと、医者のお墨付き(?)を貰ったそうです。
次の土日は、まだゆっくりしていられるかな。

2005年8月3日(水) 

今日も何の変化も無かったうちの奥さんとお腹の子供。
長男と違って、度胸の据わった大物なのかもしれませんね、ひょっとすると(笑)

さて、その長男ですが……今日も今日とて、コップで美味しそーにお湯を飲んでます。
うむ、飲みっぷりも見事だし、飲み終えた後に見せる満面の笑顔もとても良い。
思わず見とれてしまうほど、可愛い笑顔です。流石は私の息子だ(笑)
だが……だが!!
君が立っているその場所は風呂場で、君は私と入浴中で、飲んでいる物は浴槽のお湯なのだぞ!?
その見事な飲みっぷりに圧倒されて終始見守ってしまいましたが……とんでもないもん飲んでるな君(^^;
お腹を壊しても知らんぞ?
……と、こんな事がウチのカミさんにばれたら、彼女、卒倒してしまうぞ。
今のうちに止めさせなくては(汗)

2005年8月4日(木) 

今日はちょっとお下劣なお話(笑)

配線工事や電気工事のために現場に出て行く仲間たちを送り出した後、総務課の人間だけが社内に残るので、その間に社内で使う備品の買出しや、事務作業を行うわけなんですね。
あ、総務課って、私を含め、2人しか居ないんですよ。で、もう一人の人は私より2歳年下の女性です。
いつものように、どちらが買い物に行くかを掛けたジャンケンを行い、今日は私が買い出しに行く事に。

ある程度買う物は判ってたんですが、念のために、更に買い足すものは無いか確認を取りました。
で、彼女……N美さんは言いました。

綾丸:「えと、もうこれだけで良い? ほかに買うもんはある?」
N美:「あ、そんじゃね〜……マツキヨでゴム買ってきて♪

…………………………(^^;

一応補足しときます。マツキヨってのは、あのドラッグストアチェーンの「マ○モト○ヨシ」の事です。
どうやら彼女、自分の言った台詞がどういう台詞だったか、気付いていないようです。
その台詞を言われた時、彼女は髪をいじってたので、私には言いたい事は判ってました。
つまり、彼女は「髪留めの輪ゴム」を所望してたんですね。
ですが、悪戯心が頭をもたげた私は、知らない振りをして続けました。

綾丸:「へぇへぇ。で、それ、今夜早速使うの?」
N美:「何言ってんの、今使うに決まってんじゃん」
綾丸:「ん、判ったよ……でも、俺には愛する妻と子供が居るんだけどなぁ?」
N美:「……?」
綾丸:「んじゃ、行って来るよ……薬局ゴムね♪」
N美:「…………………………!!!!!!」

……そこには、顔を真っ赤にして私の胸板を叩きまくり、照れ隠しをするN美さんと、涙を流して笑い転げる私が居りました。
その後彼女、真っ赤な顔で「誰にも言わないで〜!!」を繰り返してました(^^;
ちょっと悪ノリが過ぎたかな。

もちろんこのネタは誰にも言ってませんよ……会社の人にはね(笑)

あ、今日もうちの奥さんに変化は見られませんでした。
この分だと、マジで週末を越えるかもな。

2005年8月5日(金) 

(注:8月5日の日記は事後編集です)

妻の体に変化が現れました!
子宮口からの出血……いわゆる「お印」と言う奴ですね。
早朝に気付いたので、早期に会社の上司に連絡。最初は両親と交代で出社し、遅刻という事にして貰うはずでしたが、遅刻してきて、さらに早退する可能性があるのでは出社する意味がないと言う事で、有給を取ってお休みと言うことになりました。
……これで、土日の間に生まれなかったら……また嫌味言われんだろな(−−;

で、診察の結果、状況はかなり進行しており、このペースだと今夜か、明日中にピークを迎えるだろうと言う医者の意見に従い、早々に入院を決めました。

で、待機すること数時間、21時を過ぎても状況は進展しませんでした。
う〜ん……確かに出血はしてるし、お腹の張りもかなり凄い事になってるという事なのになぁ?
それが即ち、陣痛に繋がるとは言えないという事なのか。
長男のときは超スピード出産だっただけに、今回はかなり不安が募ります。
まぁ……なるようになるだろう。
急かしたところで状況は変わらないし、第一、私が焦ってもしょうがない。

と言うわけで、今夜は仮眠状態で妻に付き合って、状況見守りだ。体力持つかな(^^;

2005年8月6日(土) 

え〜〜と、産院に入院して出産準備に掛かっていた妻ですが、いまだ陣痛が訪れないと言うことで、警戒態勢を一時解除して、様子を見ることに相成りました。
と言うわけで、私も産院より帰宅。非常時に備え、電話機2台を枕元に置いて仮眠状態で待機です。

一応、体力温存のため、デスクトップに向かうのはこれ位にして、横になる事にしますか。
いざと言うときに行動出来ないのではお話にならないからな。
しかし、昨日の晩もろくに寝ておらず、今夜も仮眠のみ。正直言って、非常に眠いです。
こりゃ、もし出社したとしても、月曜日は仕事にならんな。夏休み返上覚悟で、また有給取るか(^^;

2005年8月7日(日) 

今日も結局、妻に大きな変化は現れませんでした……が、頻繁に、そして地味〜に腰が痛むようになり、お腹の方から圧迫されるのか、母乳が結構な勢いで漏れ出しています。
やはり、お産が近いのは間違いないようです。
明日は今のところ、付き添いを中断して出社する事にしてはいますが……何となく胸騒ぎがします。
……ま、私が会社に居る間も妻は病院に居るのだし、会社は産院から30分で駆けつけられる位置にありますから、最悪でも、立会い出産に間に合わない、と言う事態にはならないと思いますが。
……それでも、心配な事は心配ですけどね(^^;

あ、現在、長男は「私一人だけではちゃんとご飯をあげられるか心配だし、会社に行くときの足枷になる」と言う理由で、私の実家に預けています。
よって、今私は、独りでこの家に居るわけでして(笑)
……静か過ぎて不気味です(^^;

とにかく、また今夜も臨戦態勢を整えたままで仮眠しなければなりません。
もっとリラックスしてても良いような気はするんですが……これも性分と言う奴ですかねぇ(^^;
ゴミ箱に転がる栄養剤の空き瓶が全てを物語ってるなぁ……早く安心して眠りたいなぁ。

2005年8月8日(月) 

出産予定日になっちゃいましたー。
ってか、元々、今日ぐらいに生まれますよ、って言う目安でしかないんだから、別に焦る事は無いんだけど。
長男が超スピード出産だっただけに、前回と違う事の流れに動揺を隠しきれない私でありました。
でもまぁ、生まれそうなオーラは出続けてるんだけどなぁ。
ま、あまり私が騒ぎ過ぎても、余計なプレッシャーを与えるだけですので、あまり口出しはしないようにしてます。
でも、早くお腹の中の子を抱きたいのが本音。

……そして、更に深いトコにある本音としては、早くカミさんに楽になって欲しい……

お絵描きの方、あまり落ち着いていない今の精神状態の割には、結構順調だったりします(笑)
お産が重なったとしても、次の作品、週明けにはリリースできるんじゃないかな。
……ま、予定は未定ですんで、あまり期待しないで待っててくださいね(^^;

2005年8月9日(火) 

掲示板の方にも既に書いてますが、午前8時50分、身長49cm、体重3025gの女の子が生まれました♪
ここに来るまでの道のりの何と長かった事よ……(T_T)

まず、昨日……8月8日午後1時。検診で、「昨日と比べて目立った変化なし」と言う診断結果が出る。
ま、今日が予定日なんだし、経産婦と言えども遅れる事だってある。
でも、あまりのんびり構えすぎててお腹の中の赤ん坊が育ちすぎると、今度は帝王切開の可能性が出てくる。
これは……促進剤を投与して無理やり生むか、帝王切開か……二者択一か? とまで考え込んでおりました。

が、そんな心配をよそに、本日6時05分。「陣痛来た、周期も6〜7分おきに来てる!」と言う連絡が入る。
……って、おい! 展開はやすぎだっつの!!(^^;
全く、どうしてウチの妻はここまで限界に近づかないと気が付かないかなー。
ま、彼女曰く「既に慢性的に腰が痛い状態が続いてるから、ちょっとぐらい陣痛来ても気が付かない」……という事らしいんですが……どうなんでしょう、実際のトコ(^^;

それはさておき……手早く身支度を整え、病院へ。
すると、妻はまたしても、既に分娩室の中に居るじゃないですか。長男の時と一緒だよ〜。
追って、私の母親が実家から駆けつけ、2人して分娩室前の廊下で待たされる。
7時30分。いつもなら、会社に向けて出発する時間。今日はもう、100%出社できない。
速やかに、上司の携帯に連絡。休みの了承をもらう。
そして、7時55分。私だけが分娩室に呼ばれる。どうやらお産が目前に迫っているようだ。

軽く、いきむ時のサポートの仕方を教わる。
いきむ瞬間、腹式呼吸で思い切り息を吸い込み、大きなウ○チをする時のようにお腹に力を入れる。
私は妻に合図をし、いきむ瞬間のきっかけを作ってやらねばならないらしい。
そしてその時、妻の頭を、おへそを見るように持ち上げてやるのだ。

それを休みながら何度か繰り返し、汗を拭いてやり、喉が渇いたといってはお茶を飲ませてやり……
そんな事をやってるうちに、30分くらい経っただろうか。
外来に、破水して危険な状態の妊婦さんが急患で入ったとの連絡が入り、何人か助産婦さんが入れ替わる。
どうやら、そっちが得意な人と交代するようだ。
まさに、ここは戦場だな……そんな感想が私の頭をよぎる。

8時40分。「出口が狭いから、やっぱ切りましょ」と、医師が言う。会陰切開が始まるのだ。
麻酔注射を打ち、あまり時間も置かずにすぐ「パチン」と、ハサミで切込みを入れる。
うわ! 痛そう!! ……と思ったら、妻の様子に変化は無かった。
麻酔が強力ですぐに効果が現れたのか、それとも、そんなもの気にしてられないほど、苦しいのか。
どちらかは判らないが、とにかく切開したことに関して妻は動じなかった。

8時49分、妻が断末魔のような声を上げる。赤ん坊の頭が出てきたのだ。
そして、「はい! もういきまないで!! いきんじゃ駄目!!」と、助産婦が言う。
妻がすっと力を抜いた瞬間、私は妻の顔を足の方に向けてやる。
足の間から……待望の赤ん坊が顔を出す。ついに生まれた!!

助産婦の記録は、出産時刻8時50分。これが、第二子誕生の瞬間だった。

まだ、羊水でふやけてふにゃふにゃの顔。か細い腕、小さな手足。
生まれてきて間も無く、「ふえぇぇぇ……」と、可愛らしい産声を上げる、我が娘。
良かった……無事に生まれた。
そう思って気が抜けた瞬間、頬を伝った涙は……誰にも見られなかったと信じよう。

そして今。愛する妻と娘は、産院で静かに寝息を立てている。
夕方様子を見に行ったとき、妻は、切開した傷跡が痛いのと、妊娠時の腰の痛みがまだ引かないのとで、歩くこともままならない状態だった。
トイレに行くのにも介助を必要としている。私の肩を借りてヨチヨチと歩く妻。
長男のときは、出血多量で失血症を起こし、夜半の出産だったのに明け方まで処置室から出て来なかった。
「今回は、前のときと違って、すぐに動けるようになったよ」と、笑顔を作る。

「本当に、ご苦労様……そして、有難う」
その言葉をそっと妻に告げ、医師と助産婦に礼を言い、病院を後にしたのでした。

……と、こんな感じの一日でした。
応援してくださった方々、妻は大変喜んでおりました。
私からも、この場を借りて、改めてお礼を申し上げます。本当に有難うございました。

2005年8月10日(水) 

妻の見舞いに行ったとき、丁度……授乳タイムで、部屋に入れませんでした(笑)
で、改めて、生まれたばかりの娘とご対面。やっぱ可愛いなぁ〜。
もちろん長男も可愛いですが、成長過程真っ盛りの長男と、まだ何も知らない純粋無垢の状態の赤子では可愛さの質がまるで違います。
安心したまえ息子よ、君にもこういう時代はあったのだ。

ただ、これから妻と娘が退院し、体調を整えるため実家で過ごす時期が過ぎたら、長男と対面する日がやってくる。
そのとき、長男がどういう反応を示すだろうか? ……それが心配です。
今までは全てが自分中心で動いていたものが、物によっては自分の優先順位が下げられる場合も生じる。
やはり、「自分だけを見てくれなくなった」と感じるだろうか……
その辺りの接し方を、もう少し勉強しなければならないですね。

2005年8月11日(木) 

入院してからこっち、妻は息子に会っていません。
妻の不在中、会社に行くときに預けるあても無いので、実家に預けっぱなしにしている為です。
私は毎日、入院中の妻を見舞い、その後息子の様子を見るため実家に行き、晩飯だけ食べさせてもらって帰って来ると言う毎日を送っているので、結果的に毎日両方の子供に会っているのですが、妻は息子に会えない。
そして今日、とうとう妻が「息子に会いたい」と言い出したのです。
……まぁ、只でさえ心配性な上、入院生活で精神的に不安定になってるからなぁ。無理も無い。
ですが、今ここで二人を会わせるわけには行かない。
今会ってしまうと、逆に別れるのが辛くなって、今後一ヶ月ほど続く療養生活に支障が出るからです。

許せ妻よ、君自身の体を守るため、息子を君に同伴させるわけに行かないのだ。
大丈夫、息子は私の両親と兄弟の下で元気に……元気すぎるほど……嫌気が差すほど元気にやっている。
心配する事は何も無い。
むしろ、あいつが暴れまくって夜更かししてるせいで、ウチの実家の平均就寝時間がどんどん遅くなっている事を心配してやってくれ(笑)

かく言う私も、連日の疲れで少々バテ気味。やはり、色々やりたい事を全てこなすには若さが足りんかな(笑)

と言うわけで、今日は早めに寝ることにしようかな……

2005年8月12日(金) 

今日で丁度、日本航空123便が御巣鷹山に墜落して丸20年です。
当時、中学3年生だった私には、些か刺激の強いニュースが夕飯時を襲い、翌日には既に生々しい現場の映像が茶の間に流れてきました。
現在では絶対に出版コードに引っかかるレベルの映像が写真週刊誌に溢れ、話題を呼びました。
その時見た写真と、ニュースで流れたボイスレコーダーの肉声は、未だに私の頭から離れません。
奇跡的に生還した4名の女性は、今、どのような心境で、現在流れているニュースを見ているだろうか。

もう、あのような凄惨な事故が起こらない事を切に願いつつ、犠牲者の霊に黙祷を捧げます。合掌……



……と、些か重たい空気になっちゃいましたね(^^;
でも、仮にも関東の、しかも隣県で起きた大事故の、20年目と言う節目を無視すると言うのもどうかな〜、と言う感じですので。

さて、明日はいよいよ、うちの奥さんが退院する日です。
ですが、どうも乳腺の具合が宜しくないようで……どうやら乳腺炎を起こしかけてるらしいです(^^;
母乳の出を良くするため、助産婦さんの指導のもと、マッサージを続けてるらしいですが……
母乳はどんどん溜まるのに出口が塞がってる、では……さぞや苦しいだろうなぁ。
長男のときも軽い乳腺炎になってましたが、どうやら体質なのでしょうか。
ともあれ、早くよくなって欲しいものです(−−;

2005年8月13日(土) 

お仕事お持ち帰りだ〜!!
久々にでましたよ、書類の山のお持ち帰り(^^;
誤字脱字だらけで意味不明の語句も多く、おまけに初版が10年以上前でそれ以降一度も刷新されていなかった「従業員就業規則」の見直しを図るべく、10年ぶりに紐解いてみたは良いけど、元のデータファイルを紛失したとかで……
要は、その誤字脱字だらけの従業員就業規則の原本を、打ち込み直してデータにしろと言うのが今回のお仕事。
しかも、平日日中は他に仕事もあるだろうという事で、土日の間にやってこい、と。
挙句、週明けから早速会議に掛けたいので、月曜日までに完全に仕上げてこい……と。

今日、私は妻と娘の退院の手伝い、その身柄を妻の実家へ届け、その後自分の実家に戻って長男の世話をするという段取りになっていて、そのいずれもキャンセルする事は出来ないので(実際、全てこなしました)、残りは土曜の深夜と日曜日の24時間。
書類は総じて105ページ、その全てに500文字からの誤字脱字を多量に含む字句がビッシリ。
合計、500x105=52500文字。
私は実はそれほどタイピングが早い訳ではないので、1分間に50文字程度打つとして、1時間で3000文字。
しかも、誤字脱字の校正、打ち込んだ文面の確認まで含めると、更にスピードは鈍る。
更に、常に1分間3000文字のペースが保てるわけではない。集中力が持たないし、第一私だって生身の人間。疲れは当然やってくるので休憩も必要。

……不可能だ(−−;

ってか、会社の上司様たちは部下の休日を一体何だと思ってらっしゃるのか、小一時間ほど問い詰めてみたい気分です。
しかも、今私が公私共にとても多忙である事はよ〜〜〜〜くご存知のはず。
参ったねこりゃ……

とりあえず、今夜徹夜になるのは確定。後は精神力の勝負になってくるな……
今週末に描き上げてしまいたい絵があったのだが、無理だな(^^;
全く、事務作業を甘く見ている上司をもつとこれだから……

と言うわけで、今からユンケル買って来ます。
……はぁ、何時になったらまともに眠れる日が来るんだよ……(−−;

2005年8月14日(日) 

今年の有明の太陽も、熱かったんだろうか……

毎年この日に、いわゆる「ヲタク共の夏の祭典」に参加するようになって早6年。
ご存知の通り、今年は事情が事情でしたので、参加しませんでしたが……ってか、来年以降はもう無理だろな(^^;
まぁ、参加するっつっても、私自身がブースを出す訳でもなく、単に好きな作家さんや知り合いの所に行ったりして適当にワイワイやって来るだけなので、参加できないからと言って特に困ることも無いのですが(笑)
……その割に、毎年始発電車で出向き、早朝5時半には一般参加者列のかなり前の方に陣取るんですけど(^^;
だって、エレガントに昼過ぎぐらいに到着すると、既に大手サークルは店仕舞いしてるし。
中途半端に10時ごろ着いたって、入場制限で昼過ぎまで待たされるし。
だったら、ついでに朝のこの喧騒も楽しんじゃえ! って事で、雨が降ろうが雪が降ろうが風が吹こうが、岩場に貼り付いたフジツボの如くジッと耐えているのです……弟と二人で(笑)

今年は私が参加しないので、遊撃部隊(笑)がいなくなったと嘆いていた弟でしたが、しっかりお土産は買ってきてくれました。
ま、事が落ち着いたら、ゆっくりとその「お土産」に目を通すことにしましょう。
今は……目の前のモニターに写っている、某サイト様への記念イラストを早く仕上げる事に集中しなくては!

……え? 仕事はどうしたかって?
ふん!! この私を黙らせたかったら、もちっとハイレベルな課題を出すこったな!!
数だけはご立派だったが、所詮はテキストのベタ打ち。この私の敵ではないわ!!
(注:現在、デストロイモード稼働中です)

2005年8月15日(月) 

今日は宿題なしなので、最初っから種割れ状態(笑)で作画に掛かってます。
土日が全く使えなかった分、ここで巻き返しとかないと、次の予定に障りが出ますからね。
って言うか、おそらく次の土日は妻の実家にお泊りになるでしょうけど(^^;

今日、うっかり洗濯物出しっぱなしで会社に行ったら、夕方くらいに大雨に見舞われました(^^;
今、深夜0時過ぎですが、元気に洗濯機が回ってます(汗)
今の洗濯機って静かなのね……良かった。
ってか、カミさんがいる時ならどうという事ない洗濯や掃除も、一人でやると何でこうも大変なんだ!?
これを、足元に長男に纏わり着かれながらこなしていたのか……
あいつが帰ってきたら、もっと積極的に家事手伝ってやろう。そう深く反省する私でした。

2005年8月16日(火) 

ふぅ……やっと、過密スケジュールもひと段落し、一時の静けさが戻ってきました。
今夜はゆっくり眠れるぞ……って、もう深夜1時じゃん(^^;

ともあれ、もう当分は持ち帰りの仕事は御免ですね。
アレやられると、プライベートな予定全て台無しですから。
ってか、やっぱ妻だって良い顔はしませんからね、家庭に仕事持ち込まれちゃ。
今回はたまたま、妻が実家に帰ってたから良かったけど。

というわけで、暫くは充電期間をおいて、次の作品のアイディアをジックリ練ります。

2005年8月17日(水) 

今朝は久しぶりにヤバかった……目が覚めたら7時半過ぎてました(^^;
まぁ、速攻で顔洗って服を着替えて、昨日のうちに買っといたパンを引っつかんで車へ。
その間約5分……独身時代の行動パターンそのまんまだっつーの(−−;
ふむ……さしもの私も、疲れるときは疲れるんだな……やっぱ人間だったんだ(笑)

今夜は私の実家に立ち寄って、息子に会ってきました。
まだはっきりと喋れはしないんですが、こちらの言った事は、ほぼ100%理解してますね。
私が渇いた喉に麦茶を流し込み「ぷはぁ〜!」なんてやってると、息子がその横で「ぷはー!」なんてやってるわけですよ。しかも振りまで真似して(^^;
こりゃあ……もう迂闊な真似は出来ないなぁ。風呂上りにそのまんまのカッコで出歩いたりとか……

……ん? あ! そーか! ……もうビール呑んでも構わないんだった!!
まぁ、色々立て込んでたせいもあったけど、すっかり忘れてましたわ(^^;
と言うわけで、シャワー浴びたら1ヶ月振りのビールといこうかな♪
つまみは……あ♪ 冷凍だけど、枝豆があるじゃん。これで充分だ。
じゃ、早速汗を流してこようかな。お楽しみはそれからだ♪

2005年8月18日(木) 

今日もまた、実家で夕食を食べてきました。
そのおかずの中の一品に、秋刀魚の刺身があって大喜び。大好物なんですよね(笑)
鮎の塩焼きもいいけど、この秋刀魚の刺身もまた格別。脂が乗ってて、実に美味。
で、秋刀魚と言ったらやっぱ、ワタも食わなきゃ楽しみが半減すると言われてますよね。
刺身にした場合でも、ワタはちゃんと食べるんですよ。ホイル焼きにして。これがまた旨い!!
食事のあと、運転して帰らなきゃならない関係で酒が飲めないのが非常に残念(^^;
……そのときの味を反芻しながら、今ビールを呑んでます(笑)

さて、1年ぶりにイラストのリクエストを受けました。
前回と依頼者は違いますが、今度もまた懐かしい作品からのリクエスト。
候補柵は3作品あるんですが、何れも1988年放映の……17年前の作品。
どれを描くにしろ……資料集めが容易ではありませんな(^^;
まぁ、そこからして既に楽しみではあるんですが。
では早速、資料集めに奔走しますかな。

2005年8月19日(金) 

えーと、今夜は実家に泊まって来ますので、日記及び掲示板へのレスはお休みです。
来てくださった方、御免なさい(^^;

では、ちょっくら出掛けて来ます〜。

2005年8月20日(土) 

今日はウチの実家の家族を巻き添えにして(笑)、息子を江ノ島水族館まで連れて行きました。
今まで私の車でしか長距離移動したことのない息子の、電車デビューです。
デビュー戦でイキナリ2つの県を越えていくと言うのは結構ハードだったかな……と、今にしてみればそう感じますが。
ま、結構楽しんでたし、帰り着いてからもまだまだはしゃぐ元気があったから、結果オーライでしょ。

でも、最初からすんなり事が運んだわけではなく。
今まで、絵本の中でしか見たことがなかった巨大な物体……電車が目の前に迫ってきて、そこでまず緊張してしまった様子。
そして、中に入ると見知らぬ人が一杯居る。それで、はじめの5分くらいは落ち着かず、ヒンヒンとベソをかいてました。
最初、席が空いてなかったので立ってたんですが、気を利かせてくれたおば……女性の方が席を譲ってくれました。
で、着席したんですが、どういうわけか座ってしまうとまた泣き出すのです。
どうしたんだ? と思ってたら……座っちゃうと景色が見えないんですね(^^;
なので、靴を脱がせて私の足の間に立たせ、窓側を向かせる事にしたんですが……安定が悪く落ち着かないのか、また泣き出す始末。
結局、私だけが座った状態になり、息子は姉が抱っこしていて……譲ってくれた方、ごめんなさい(^^;
で、落ち着いてきた頃、再び着席にチャレンジ。
今度は、車内が空いてきたせいか、対面側の景色が見えるので、OKだったようです。
その顔には笑みもこぼれています。おぉ、対面のおねぇさんたちが、満面の笑みをたたえた息子を見てキャーキャー言ってます。
……ま、自分の息子を見て「かわいー!!」とか言われて、嫌な気分になる親は居ませんね。もっと褒めて〜!!(笑)

何だかんだ言って目的地に到着。目の前に江ノ島が見えると、当然その前には海がある。
潮風がとても心地良いんですよ。内陸部に住んでると、海が見えただけで嬉しくなっちゃうので、内陸部に住んでる異性を落としたい方は一計を講じてみるのもいいかも。

……閑話休題。

海水浴に来たわけではないので、島とその前の海のロケだけ済ませて、水族館へ。
……と、薄暗い中からいきなり巨大なエイが出てきて、息子はここでもビックリして大泣き。
人込みと薄暗い建物の雰囲気が怖かったのか、それとも単に疲れたのか。
どちらにしろ、ぐずってばかりなので、いったん仕切り直すために、いったん出場。
手の甲に見えないハンコを押してもらって、すぐ近くのファミレスに移動。
お子様メニューを軽く平らげ、デザートまで要求する息子。君の胃袋は4次元ポケットか?(笑)

お腹も膨れ、機嫌の直った息子を再び水族館に連れて行く。
おぉ、なんて事はない。今度はフツーに魚やクラゲを見て喜んでるじゃないか。
うんうん、コレでこそつれてきた甲斐があるってもんだよ。

さて、本格的に疲れも見えてきたようなので、帰路に着くことに。
イルカショーの時間まで待とうかと思ったけど、既に立ち見だし、まだまだ時間が掛かる。
これは……次回に持ち越した方がいいと判断し、水族館を後にする。
ごめんな息子よ。今度来たときは、必ずでっかいイルカと一緒に写真撮ってやるからな。

と、こんなわけで、息子の遠出&電車デビューは、無事に終了したのでした。

こんな計画に付き合ってくれた実家の面々、感謝です。
そして……次回は、出来れば我が家の家族4人で旅行がしたいものです。
実家の家族も勿論大事ですが、やはり今一難大切なのは……自分の家族ですからね(笑)

2005年8月21日(日) 

妻と娘に会いに、妻の実家まで行ってきました。
ホントは昨日の夜から泊まりで行く予定だったんですが、予定の変更を余儀なくされ、一度向こうに行ってからまた帰宅。で、今朝また仕切りなおしたので、結構クタクタです。
ガソリンだって決して安くないご時勢だし、出かけるときは計画的に、って感じですね。

さて、我が愛娘、生後12日が経過した訳ですが、やっぱ……2週間弱でも、しっかり成長の跡は見られますね。
栄養の摂取は充分と見えて、太股なんか結構ムチムチになってきました。
身長は流石に変わってないように見えますが、体重はどうなんだろ?
息子の時は、ベビー用体重計をレンタルしたんですが、今回はやってないんですよね。
……しょうがない、妻に恥をかいてもらいますか(笑)
妻に、娘を抱いた状態で体重計に乗ってもらいます……ふむ、4Xキロ。
次に、娘を降ろした状態で同じように体重計に乗ってもらいます……4Xキロ。
……産後とはいえ、ちょっと太ったんじゃないか? ……と言う台詞は胸の内に仕舞っといて。
差し引くと、約3045グラム。
退院時に計ったとき、誕生の瞬間よりちょっと減って2085グラムだったので、すこーし成長してたようですね。
……って、たかが2週間弱では、只の誤差とも言いますね(^^;

さて、今夜も独り、寂しく過ごしますか……いい加減慣れたけどね(笑)

2005年8月22日(月) 

リクエストで、何年か振りに……このサイトとしては恐らく初めて、男性キャラを描いてます。
久し振りすぎて、最初はどう描いても女の子っぽい顔つきになっちゃって、感を取り戻すまで四苦八苦しました(笑)
今やっとラフが出来たトコなんですが……まぁ、大体オッケーなんじゃないかな。
全体の構図が、なんだかCDとかのジャケットイラストみたいなレイアウトだけど、まぁ気にしない。
日常演技じゃないんだから、コレくらいわざとらしくても良いのだ。

さて、これから線画ですが……半分メカ物だから、線が多くて大変だなこりゃ(^^;
サイボーグと言う設定だけど……生身の人間がパワードスーツを着てる感じでいいんだよな。
なら、生身の部分とメカの部分はしっかり描き分けないといけないな。

……と、ここまで書いちゃったら、リクエストしてくれた人には、何を題材に選んだか判っちゃうよな、絶対(笑)

んじゃ、残り時間も少ないから、一気に描いちまいますか♪

2005年8月23日(火) 

ん〜〜……サーバーの残容量が少なくなってきたな。
所詮はプロバイダのサービスで貸してもらってる10Mのスペース。こうなる事は予想はしてましたが。
さて、いよいよ拡張が必要かな。レンタルサーバーの良いトコはないかな……出来ればフリーで(笑)
あ、でも、あまり安いトコだと広告が入るのがウザイんだよな。
画像だけ置いといて、その画像にリンクを貼るだけで広告でちゃうし。
……ま、今すぐにスペースが無くなる訳でもなし、もうちょっとゆっくり考えますか。

さて、埼玉県南部では今日の夕方から、かなり強い雨模様となりました。
私の住んでる辺りは特に被害はありませんでしたが、私の実家の近くは辺り一面の道路が冠水していて、家に取り付くのにえらく苦労しました(^^;
そんな状態なのにスピードを落とさず、いい気になって高く水しぶきを上げて突進してくる馬鹿も居る。
私の対抗側から走ってきて、横に居た歩行者に思いっきり水ぶっ掛けてたハイラックスのドライバー! すれ違った瞬間、その歩行者の方を見て笑ってたな貴様!!
俺は貴様の馬鹿面、絶対に忘れんぞ。
……ま、そういう輩に限って、自分が同じ目に遭うと、狂ったように激怒するんだよな。
その感覚を、自分が被害者になった時に思い出してみろ。次からは絶対にそんな真似、出来なくなるからな。

閑話休題。

で、そのとき同時にかなり強い雷も鳴ってたんですが、怖かったのは雷自体ではなく、雷による弊害。
私は電気、電子機器、配線等のメンテナンス会社に所属しているため、回線障害等があれば会社に待機させられ、家に帰ることすら難しくなるのです。
例え現役を退き、総務に移籍した身であっても容赦はありません(^^;
だから・・・ソッコーで逃げ帰ってきました。勿論ケータイの電源はOFF!! ドライバーの鏡だね、うんうん(笑)

結局、断線や停電等の障害は無かったようで、一安心です。
でも、明日以降、強い台風が関東に上陸すると言う情報もあるし・・・油断は出来ないなぁ。

2005年8月24日(水) 

先刻、ちょっと買出しに行くために原チャリを走らせていたときの事。
幹線道路は排ガスまみれで、おまけにガタイの小さい原チャリで走るにはリスクが大きい。
と言うわけで、私は主に幹線道路から外れた裏道を使います。
買い物を済ませ、サクッと帰ろうかと愛車に跨り、1キロほど走ったその時、悲劇は起こりました。
スロットルから手応えが消え、エンジン音がだんだん弱々しくなっていきます。
ハッとしてマフラーを見る……黒煙は上がっていない。エンジントラブルではなさそうだ。
では何故!? ……って、考えられる事はガス欠しかないじゃん(^^;
はっはっは、無問題! こういう時のためにな、バイクにはリザーブタンクという物が装備してあるのぢゃ。
私の愛車、SUZUKI TR-5OSD(通称:ストリートマジックU)の場合、シート左下のコックを捻れば、
予備のタンクからガソリンが供給される仕掛けになっておるのぢゃ。
では、早速。コックをOFFからONへ……「ON」!?
げーーー!! 最初っから「ON」になってるでねーの!?
つー事は、予備タンクからもガソリンは流れ続け、最後の一滴までキレイに使い切っているという事に!?
……ハイ、案の定、予備タンクも空っぽでしたよ。
さて、そうなると、えっちらおっちらと押しながら、ガソリンスタンドまで歩いていかねばなりません。
普通のバイクより軽いとは言え、80キロをゆうに越える車体。楽ではありません。
う〜ん、君って案外重かったんだねぇ、ストマジ君。
こういう時、幹線道路を走ってなかったことを後悔しますね……まぁでも、排ガスにまみれながら息を荒くして歩くよりはマシか。
そんなこんなで、歩くこと2キロ半。やっとスタンドに到着!
いやぁ、普段からの運動不足を痛感しましたねー。もう汗ダラダラ、足ガクガク。
スタンドのにーちゃん達も苦笑いしてましたよ(^^;
まぁ、何故リザーブタンクのコックが捻ってあったのかは謎ですが、自分の今の体に何が必要か、つくづく感じましたね、今回の一件は。
もーちょっと体鍛えなきゃ……って言うか、フツーに歩くだけでもいいから、運動しなきゃなぁ。
……最近なんだか腹も出てきたようだし……(^^;

2005年8月25日(木) 

なにやら、台風がお近付きになって来てるみたいですが……
23時半現在、まだ外は平和ですね。ちょっと強めの雨が降ってるけど、たいした事はない。
夜中に暴風域に入ると言う事ですが……まさか、会社から呼び出し喰らったりなんて事はないだろうな?(^^;

さて、私の実家に預けられ、3週間が経過した長男。元気に悪戯しまくって、ジーちゃんバーちゃんの手を焼かせています。
で、仕事が引けてから実家に寄ってほぼ毎日顔を見ている訳ですが、私が玄関を潜ると、必ずすっ飛んできて「パパァ〜〜!!」と言って抱きついてきます。
実家に預ける前から「お出迎え」はしてくれてましたが、ここまでアクションが派手になったのはやはり家を離れてからですね。
何だかんだ言って、やはり寂しいのだな。
妻の体調が戻るまで、もう少し掛かりそうな見込みなので、今しばらくは現状の生活が続くんですが……我慢できるかな?(^^;

で、帰る時はというと……長男を誰かがあやしている隙に、こっそりと消えなければならないんです。帰る姿を見られると、泣き出してしまいますからね。

ふぅ……互いの事を考えれば、このパターンが最良なのは判っちゃいるんですが。
やっぱ、寂しいですよね……親として、幼い子供とはなれて暮らすってのは。
一刻も早く、元の生活+αに戻る事を切に願います。

2005年8月26日(金) 

えーと、今夜は妻に実家にお泊りです。
と言うわけで、またも日記、掲示板へのレスはお休みさせて頂きます(^^;

2005年8月27日(土) 

昨日、妻と娘の検診のため、運転手役として一日中走り回ってました(^^;
さらに、お義父さんの「娘の旦那が来てるから、お酒を出してお持て成ししよう」と言う大義名分にお付き合いするため、妻の実家に泊まる事になったのでした(笑)
……尤も、私としても、ずっと妻と離れているのは寂しいし、何よりも愛娘の寝姿を落ち着いて見ていた事がなかったので、今回は泊まるつもりでいたから問題は無かったのですが。

で、その愛娘。
今回は息子の時と違い、母乳100%で今まで過ごしてきてます。
よく飲んでくれるので、入院時に比べれば、乳腺からの痛みも薄らいでは来たようです……それでも、脇の下には時折しこりが出来、痛む事があるのだとか。
要するに、そこに母乳が残ってしまい、いつまでも溜まったままにしていると痛み出す。だから、上手くマッサージしてそこに溜まった母乳を追い出してやればいいのですが……なかなか上手くいかないもんでして。
……おまけに、私がマッサージしてやってるのを傍から見ると、単にエロ親父が愚行に走っているようにしか見えないのだそうで(−−;
ま、そりゃそうでしょうけど……ひでーよ助産婦さん(泣)

で、その検診の順番待ちをしてるとき、別の検診待ちの母子と隣り合わせになりました。
(その時、妻は娘の検診に付き添っていたので居なかった)
その子が私のほうを見て怪訝な表情をしてたので、私は顔を崩して、その子をあやし始めました。
暫くあやすうち、その子も警戒心が薄らいできたのか、笑い始めました。
恐らくその時、私の百面相は、最高潮に達していたのでしょう。不意に、その子のお母さんが私の方に振り返り、見事に目が合って……
互いに固まること数秒。彼女の顔は思いっきり引きつって、自分もウケていいのかどうか、迷っているような感じになってしまいました(^^;
と、その時、彼女の口から信じられないような台詞が!!

「……ごめんなさい、こういう時、どういう顔をすればいいか、判らないの」
「…………笑えばいいと思うよ」

私がその答えを出したとき、彼女も驚いてました。
そして、瞬時に理解しました。「この人は仲間だ!!」と(笑)
その後5分程して、私の妻が戻ってきて、妻の検診に移行するため私もその席を立ちました。
それにしても……私があの回答を知らなかったら、あの奥さん、どうするつもりだったんだろ?(^^;

そして検診も終わり、残っていた役所での手続きも全て終わらせて、一路妻の実家に逆戻り。

夕食後、いつもより遥かに早い時間に就寝となり(それでも22時頃ですが)、寝息を立てる妻と娘。
うむ、やはり愛妻とわが子の寝顔は最高の清涼剤だな。

で、2時ごろまで起きて見張ってたんですが、その間、一度もぐずらないんですよ。
流石に眠くなった私が横になると、「おっぱいの時間だ〜」と言って妻がムクッと起きだして来ました。
それとほぼ同時に、ふえぇぇ……と泣き出す娘。な、何て優秀なんだ……(^^;
20分ほどで授乳を済ませ、オムツを換えて再び就寝。その後、朝6時に起きるまで、一度も夜泣き無し。
聞けば、生後直ぐからこの17日間、夜泣きで起こされたことは一度も無いとか。
このままの調子でずっと行ってくれれば、凄く楽なのだが(笑)

こんな調子で、妻の実家へのお泊りは終わったのでした。
結局、一晩中寝付けなかった私は、昼間中ずっと寝てたのでした……(^^;

と言うわけで、すっかり予定が狂ってしまった今日のスケジュール。
今からどれだけ取り戻せるか……って、もう日が変わっちゃってるよ(汗)

2005年8月28日(日) 

最近疲れやすいのかなぁ……今朝は思いっきり寝坊して、10時過ぎ頃に起きちまいましたよ。
まぁ、夕べ寝たのが4時過ぎでしたから、無理も無いと言えばそれまでなんですが(^^;
やっぱ、一晩眠れない日があって、その分昼間寝てしまうと、丸々半日分時間軸がずれてしまうわけで。
これを一日で修正するのは、結構難しいわけですよ。
……で、今朝のお寝坊と相成ったわけで。
今夜は流石にそういうわけには行かないので、無理にでも眠らなきゃならない! って事で、いつもより多めにアルコールを摂取してます。
これで多少は違うだろ……二日酔いにはならないよう、量は調整してますのでご安心を(^^;

えー、某所からのリクエスト、ようやっと完成しました〜。
流石に資料不足の状態で仕上げるのはきつかったー! だって、リクエストを受けた以上、いい加減な物は渡せない。それが版権物である以上、できるだけオリジナルに忠実に仕上げないといけませんからね。
ただ、この「オリジナルに忠実に」ってのが曲者でして、単に模写するだけだったら誰でも出来る。
模写にならず、オリキャラにならず、って言うところのギリギリの接点というのが難しいんですよ。
似せすぎてもいけない、オリジナルすぎてもいけない。版権キャラってのは、オリジナルの数倍の労力を要しますね、やっぱし(^^;
……でも、性懲りも無く、またもや版権キャラのリク受けてる俺ガイル。

2005年8月29日(月) 

あ……あれ!?
なんだか、目の焦点が合わないっつーか、目の前で描いてる娘の顔がぶれて見える……
おかしい、私の視力は両目とも裸眼で1.5のはずだ! ぼやけて見えるなど有り得ん!!
では何故?


……あ、体温計に38度5分って書いてある。


あっはっは、これじゃー目の前のモンがぼやけてもおかしくないわな。
ちょっと、疲れが溜まったかな。
では、今夜は久しぶりに解熱剤など飲んで寝るとしますか。
明日になっても熱が下がってなかったら、とりあえず会社に行って、定時で帰って医者に行こう。
これ以上休むと、流石にやばいからなぁ(^^;

では、今夜は早めに休むことにします。お休みなさい♪

2005年8月30日(火) 

えーと、昨日の発熱がまだ回復してないため、今夜はお休みさせていただきます(^^;

2005年8月31日(水) 

う〜ん、栄養摂ってるし薬もまじめに飲んでるのに、どうして熱が下がんないんだろ?
……無理して会社に行くからですね。ハイ、ごもっとも(^^;

ですが、そう簡単に休むわけにいかないのが社会人の掟。
ましてや、ウチのように体育会系のノリで構成されてる会社にいたっては、体調不良で休んだりすると翌日は非難の嵐なんです。
だったら、少々辛くても頑張って出勤し、朝だけでも顔を出しておいた方が、まだマシなのですよ。
でも、現場仕事を担当する者であればともかく、デスクワークが主体の私にそれは……無意味というか。
何のためにリモートデスクトップや、VPNの環境を整えてると思ってるんでしょうね。
はっきり言って、出勤してる人に頼んで、私のPCの電源さえ入れてもらえば、電話番以外の全ての業務を自宅でこなせるというのに。
って言うか、自宅にいたほうが仕事が捗るって、どうよ? とか思ってみたり(笑)

さて、今日の日中は流石に顔も真っ青になり、脂汗がにじんで「いかにも辛そう」って雰囲気かもし出してましたんで、「伝染されてはたまらない」とやっと理解したのか、朝礼に出席しただけで帰らされました。
で、ゆっくり寝てたせいか、ずいぶん良くなった気がします。
明日まで様子を見て、食欲が戻ってくればもう大丈夫でしょう。

それにしても、体の自由が利かないとき、独りでいるってのはものすごく不安ですね(^^;
でも、こんな体で実家に行ったりしたら、今度は息子に伝染してしまうから、NGだし。
あ〜あ、やっぱ健康が一番だねぇ。いろんな意味で。

[先月] [目次] [来月] [最新版] [トップ]

Akiary v.0.51